立花党首を高評価している・完全論破された有名人

立花孝志党首を【高評価している有名人】一覧

 

 

堀江貴文さん(ホリエモン)

 

 

ホリエモン N国立花党首を「相当優秀な人物」と大絶賛 N国応援.com

 

 

9月2日、『NHKから国民を守る党(N国)』党首の立花孝志参院議員がTOKYO MXを放送法違反の疑いで提訴する方針を明らかにした。

 

 

7月29日に放送された同局の人気番組『5時に夢中!』にてマツコ・デラックスがN国を「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」「気持ち悪い人たち」などと発言。

 

 

これを受け、立花氏は「私人である有権者を誹謗(ひぼう)中傷した」と、3週にわたって同局前でマツコへの抗議を続けていた。

 

 

執拗なN国の行動には批判が飛び交う一方で、その巧妙な戦略を称賛する有名人も見受けられる。

 

 

「メンタリストのDaiGoは8月12日のYouTubeチャンネルにて自身の見解を披露。立花氏が100万人の支持者のために戦う『怒れるリーダー』として“得票数を得られる状況”を作り出すことに成功したと指摘し、『生粋の政治家』『手法は第一級』と評価しています」(芸能記者)

 

 

また9月2日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)では、“ホリエモン”こと堀江貴文氏も立花氏の“切れ者”ぶりに舌を巻いたようだ。

 

 

「まず堀江氏は、ソルトレイクシティー五輪でNHKに裏金疑惑があったことを『週刊文春』(文藝春秋)に暴露した裏金作りの担当職員こそが立花氏であることを紹介。裏金作りはNHKのグループ会社を含めた連結決算を全て把握していないとできない芸当であるため、相当優秀な人物であると指摘しています。

 

 

また、泡沫政党が勝ちやすい参議院の全国比例と地方議会の議員選挙を狙い撃ちした戦略についても拍手を贈っている。世間からは奇怪な人物に見られがちな立花氏ですが、実は“スゴい人物”だと認めています」(週刊誌記者)

 

 

ネット上では「NHKに専念してもらえないですかねえ」「NHKぶっ壊せないから、MXをぶっ壊〜すてか」などと茶化されているが、法廷に持ち込んだのもしたたかな戦略があってのことなのかもしれない。※引用元 日刊サイゾー

 

 

 

 

ダルビッシュ有さん

 

 

ダルビッシュ有さんと立花党首が仲良しに

 

 

NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した19日夕方、同局前に現れ、抗議演説を行った。前週の放送中に続き、2回目。

 

 

【写真】警察官も出動するなどMX前は騒然とした雰囲気に

 

 

報道陣やユーチューバーら約200人が集まり、警察官が「5時夢」のスタジオ前の路上に並び、同局前は騒然となった。

 

 

立花氏は同局への批判を強める一方で、13日付の声明動画で「5時夢」のスポンサーである「横浜名物 シウマイの崎陽軒」に対して「不買運動」を宣言したことを猛省。シウマイを手に「僕の勇み足でした。これからも積極的に食べます。崎陽軒さんごめんなさい」と頭をさげた。

 

 

一方で立花氏は、崎陽軒騒動に絡み、米大リーグのダルビッシュ有投手とメール交換を行う機会があったことを明かした。

 

 

ダルビッシュは15日に「崎陽軒に罪はない気がする笑 てか良く新幹線乗るとき買ってたなー。また食べたい」とツイート。その後、N国側がSNSでテレビ局には法的に政治的公平を守る義務があることを伝えていた。

 

 

この日、立花氏は「ダルビッシュ有さんも、本当に素直な気持ちをつぶやいただけだと」と、3回ほど、ダルビッシュとメールのやりとりを行ったことを明かした。

 

 

ダルビッシュからは、立花氏の動画を再生回数が1000回くらいの時から見ており「1人で戦ってる方だというイメージがあります」とのメッセージも届いたという。互いにエール交換を行ったという。

 

 

マツコは7月29日の同番組でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろう」などと発言。立花氏が「投票した有権者をばかにするのは許せない」として抗議していた。※デイリースポーツ

 

 

 

 

メンタリストDaiGoさん

 

 

DaiGo立花党首に手腕は第一級の政治家

 

 

メンタリストのDaiGo(32)が12日、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップ。「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(51)によるマツコ・デラックス(46)への批判に対して自らの見解を述べた。

 

 

DaiGoは「マツコさんかなり立場が不利だと思います」と、いきなりの仰天発言。「一番、やっちゃいけないことをやっちゃったかな」と、マツコの戦略ミスを指摘した。

 

 

一方、立花党首に関しては「立花さんのスゴいところは、マツコさんが今まで使ってた戦略を逆手にとって、それを自分が使って、マツコさんが使えないようにしてやってるんですよ。これスゲェなと思うんで」と、立ち回りを称賛していた

 

 

DaiGoが“他人を叩く時のポイント”として挙げたのが「大勢の弱者を引き連れて、少数の強者を叩く」こと。これは革命などをするにあたっての基本中の基本であるという。

 

 

マツコは今まで“ズバズバ物申す、物を言えない人の代表”として振る舞ってきたが、タレントとして成功したことで、強者の立場に。したがって、マツコの場合はこの構図に当てはまらなくなっていたというのだ。

 

 

DaiGoは「強者が弱者を叩くことは絶対やっちゃいけないこと」と、マツコの行動に対して警鐘を鳴らす。その理由として「強い人が弱い人を叩く時には支持率が低下してしまうんですよ。

 

 

強い人は“弱い人を救いたい”というモチベーションを持って叩くようにしないと、“お前は地位が高いから好きなように言ってんだろ”ってなっちゃうんです」と説明。DaiGoはマツコに対し「やっちゃったな」という印象を持ったという。

 

 

マツコは7月29日に放送されたTOKYO MX「5時に夢中!」で、N国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当いると思う」との意見を述べていた。

 

 

この行動にDaiGoは、「大衆は常に弱者ですから。こういう(投票した)人たちに対して叩くことを言っちゃった」と、大きなミスがあったと説明。逆に「これをうまく拾ったのは立花さんなんですよ。

 

 

彼はこう言ってるんですね『僕をバカにするのは構いません。でもボクについてきてくれる100万人の有権者をバカにするのだけは許せない』。こうなっちゃうと彼が正しくなっちゃうんですよ」と力説した。

 

 

立花党首は100万人の支持者のために戦う「怒れるリーダー」として“得票数を得られる状況”を作り出すことに成功。

 

 

“マツコvs立花”という1対1の構図ではなく“マツコvs100万人の有権者”という1対大多数の構図に持ち込んだ立花党首に対してDaiGoは「逆に生粋の政治家なんじゃないの」と驚きを隠せなかった

 

 

DaiGoは「政党として掲げている目標の是非は置いといて」と前置きしつつ「手法は第一級の政治家だと思います」と、立花党首を評価していた

 

 

 

 

若新雄純さん

 

 

若新雄純さん N国 立花党首をべた褒め

 

 

(Abemaでの)議論を終え、「支持している人たち全員が本当にNHKに困っているというよりは、めちゃくちゃ身近で知らない人はおらず、権威的で守られているNHKを壊せるぞという、ある種の期待感を煽られたのではないか。

 

 

悔しいが、そういう設定が上手いと思った。共感もしないし、応援するつもりもないが、まるでゲームの実況を見ているようだ。

 

 

次々に現れるシステムや敵を攻略していく、エンターテインメント的な"見やすさ"がある。

 

 

そして、ネットの世界で人気を得続け、稼ぎ続けようとするのは無理があるし、行き詰まってる人も多い。

 

 

そんな中で出口を現実に作ったというところがすごいし、悔しい」と話していた。※ライブドアニュースより引用

 

 

 

 

立花党首に論破された有名人

 

2ちゃんねる創設者 ひろゆき氏

 

 

AbemaTVにて共演 ※立花孝志党首出演TV動画も参照にして下さい

 

 

ひろゆきVS立花党首 N国応援.com

 

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm35480905

 

 

しかし後で散々言い訳(下の動画)をし、YouTubeのコメント欄には「終わったあとにキャンキャン吠えられても」・「負け惜しみにしか聞こえない…」・「おれまぁまぁひろゆき信者だけどこれはちょっとカッコ悪いな」など世論では立花孝志党首の【完全論破】【立花無双】という評価に繋がっている。

 

 

 

 

高須クリニック院長 高須克哉氏

 

 

詳細はコチラを参照して下さい。

 

 

事の発端は、高須院長がTwitterで立花党首をディスった事。

 

 

立花党首はほぼ相手にしていなかったが、高須院長の信者・N国党支持者がヒートアップし、最終的にはニコニコ動画の生放送で討論という形になった。

 

 

 

 

討論会終了後の判定(どちらの話が分かり易かったか)は、立花党首が73%に対して、高須院長は10.8%であった。つまり勝敗で言うと立花党首が圧勝である。

 

 

高須克哉完敗

 

 

討論終了後は司会のフィフィさんと3人で写真撮影など行い、終始にこやかな雰囲気で終わった。しかし負けた事が余程頭にきたのか、高須院長は今でもディスり続けている。

 

 

そんな大人げ無い高須院長を見て、高須院長の信者からも「見苦しい」・「老害」・「大人げない」など非難続出で、相当数の人が信者を辞めている状況である。
最近では「僕はNHKの味方」などの爆弾発言も飛び出し、更に周囲を呆れさせている。

 

 

 

 

これに対し立花党首は「ディスられているのは知っている。しかし高須院長はご病気で大変。表現の自由があるし、支持者と一緒にそっとしておいてあげて」と大人の発言をしている。

 

 

プロレスラー・YouTuber シバター氏

 

 

事の発端はシバター氏から立花党首をディスった事。ほぼ相手にされていなかったが、実家のポストにN国信者からシールを貼られたと、立花党首の携帯に直接言いがかりの電話をする。

 

 

 

 

しかし、これは完全な単なる言いがかりであった為、勝てる訳もなく完全論破されてしまう。
動画の最後の方は泣き出す始末で「論破されたのはじめてじゃね?」「かわいそう」など同情の声も多数聞かれた。

 

 

 

 

最後は立花党首からも同情され、今度一緒にパチンコ対決をしようという事で収束したかに見えたが・・・

 

 

 

 

「N国の事はもう触れない」と自ら言った約束を反故し、再びN国関係者をディスった為立花党首が激怒。
最終的にはシバターを提訴するという事となった。

 

 

これにビビったシバターは「裁判する気は無い」として、動画を非公開し下の動画を公開する。

 

 

 

 

これに対しネット上では「お前調子に乗り過ぎたな」・「裁判の勉強して来い」・「シバターオワタww」などの声が相次ぎ、裁判モードに突入している。

 

 

著述家 菅野完氏

 

 

事の発端は菅野氏がTwitter上で立花党首をディスりまくっていた為、そこまで言うなら討論をしましょうと立花党首が提案。菅野氏の希望で「路上討論会」が実現する。

 

 

 

 

しかしながら、菅野氏の発言があまりにも低レベルであった為、立花党首も完全論破はしたものの終始呆れ気味で、ネット上の声も「時間の無駄」・「菅野は一体何を言いたかったのか」・「所詮犯罪者」など非難ごうごうであった。

 

 

当の本人は論破されたとは思っておらず、立花党首を頭悪いから。と再び酷評。しかしもう二度と立花党首から相手にされる事は無いだろう。頭が悪いからw

 

 

 

 

文筆家 古谷経衡氏

 

 

通称 「ロン毛のにいちゃん」である。立花党首がとくダネとAbemaTVで2回テレビで共演し、完全論破されている。

 

 

 

 

しかし、この古谷氏の特徴として【何度論破されても、同じ事を言い続ける】という特徴が有り、のれんに腕押し・糠に釘という様な【議論する意味が無い】人物である。

 

 

これに対しネット上ではまとめサイトまで作られる始末

 

https://matome.naver.jp/odai/2156437182000488001

 

かつてひろゆき氏や堀江貴文氏にも完全論破されており「負ける為に生まれてきたんじゃないか」・「存在自体が意味不明」・「歩くサンドバック」などと言われている。

 


 

Comment Form is loading comments...
page top